子どもを伸ばすアプローチ

子どもへの正しいアプローチの方法とは?

子どもが成長する段階で、子どもを伸ばすことを考えていないご家庭はないでしょう。
では、子どもを伸ばすときの「間違い」とは何なのでしょうか。

  • 子どもの成長発達を踏まえずに、過度の刺激をしてしまう。
  • 我が子の発達を考えずに、他の家庭でもしているからと真似てしまう。
  • 逆に、特別に何らかの刺激が必要とも思っていない。
  • その年齢になれば、自然にできると考えている。
  • 他人任せにしてしまう。
  • 親の勝手で子どもを振り回してしまう。
  • 家と外では、子どもへの親の態度が違う(叱り方)
  • 両親の考え方が違う(善悪・躾・教育……など)
  • 知識・学力アップへの刺激が中心になってしまう。

など、考えられる理由は多々ありますが、年齢や発達に応じた体験学習や知的好奇心への「刺激」の必要性を考えながら、子どもには適切なアプローチをしていきたいものですね。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。