幼児教材の選び方

幼児教材の選び方

自宅でお母さんが効果的に幼児教育をしたい
子どもと接しながら自然に幼児教育ができたらうれしい
休みの日に遊びながら知育をしたい

……そんなお母さん達の声をもとに、幼児教材の選び方やチェックポイントなどをまとめました。

たとえ幼児教室に通わなくても、ご家庭でもお子様の能力や才能を磨いて伸ばすことが出来ます。
つまり、幼児教育の本や雑誌、インターネットから情報を得たり、お母さんがたくさん勉強すれば良いのですが・・・・・。
でも、お母さんががむしゃらに情報を集めたり勉強したりしても内容が偏っていたり、効果は一部分でしかなかったり、逆に、情報量が多くなり過ぎて、どれが本当にわが子に良いのか………わからなくなってしまうこともありますよね?

そこで効果的なのが、お母さんが家庭で手軽に実践できるツールやアイテムをうまく利用することです。そのツールやアイテムが幼児教育教材です。

お母さんと一緒に家庭で幼児教育!

子どもの興味や幼児教育の目的に合わせて、教材をうまく生活の中に取り入れて、「適切な時期」に「適切な刺激」を「適切な方法」で与えてあげましょう。
優良な幼児教材との出会いは、お子様の才能や能力をぐんぐん伸ばしてゆくことが可能です。

ここでは、家庭で実践できる幼児教材について、教材の選び方やヒントをご紹介します。
我が子に合う教材選びをして、お母さんの手で子どもを伸ばしてあげましょう!

幼児教材とは?

子供の可能性を伸ばす家庭の幼児教育教材。
優れた幼児教材とは、子どもの発達に応じて「適切な時期」に「適切な刺激」を「適切な方法」で与えることができます。

幼児教材の重要性(必要性)

子どもの知的好奇心を満たす幼児教材は、幼児期になくてはならない重要な知育ツールなのです。
なぜ、幼児教育教材が大切なのか? その重要性について。

幼児教材の種類

星の数ほどある幼児教材、何を選んだら良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?
幼児教材の種類にはどんなものがあるのか、3つに分類して簡単にご紹介します。

幼児教材の販売方式

幼児教材の販売形式について簡単にご紹介。
また、中古教材のメリット&デメリットなどについても。

幼児教材のメリットとデメリット

どんなに優れた幼児教材でも長所(メリット)があれば短所(デメリット)もあります。使い方ひとつで良い教材にも悪い教材にもなりえるのです。
幼児教材の5つのメリットと3つのデメリットとは。

幼児教材を選ぶ前に

幼児教材の基本は、子供が興味を持って楽しめて、確実に幼児教育のテーマ・課題が身に付くことです。
幼児教材を選ぶための簡単チェックポイントをご紹介。

幼児教材の効果的な利用法

ちょっとした「つまずき」「たちどまり」などから、子どもは、興味が薄らいでいったり、関心が他へ移ったりすることが、とても多いのです。
家庭で幼児教育を実践する際の、効果的な教材の利用法&アドバイスです。

幼児教材をうまく活用する3つの秘訣

せっかく選んだ幼児教材をうまく活用しなくてはもったいない!
簡単だけど効果的な3つの秘訣をご紹介いたします。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。