幼児教育のデメリット

「幼児教育のデメリット」

幼児教育(早期教育なども一部含む)で一般的に言われるデメリットについて

  • 刺激に応えて子供がどんどん学ぶことは大変好ましいが、「大人の評価」や「親の価値観」が侵入してくることが問題。
  • 検定試験合格やトロフィーなどを勲章のように並べて、子供に無言のプレッシャーを与えているのではないのか。
  • 過度の期待は子供のストレスを増大させてはいないのか。
  • 親は自分の不安をまぎらわすために、親自身が達成できなかったことを子供に実行させようとしているのではないのか。
  • 早期教育の教室で他の子どもに「負けた」時、わが子ができなかった時に両親は冷静でいられるのか。
  • ギフテッドを、胎児や乳児の頃から訓練して人工的に作り出そうとしているのではないのか。
  • 親子のコミュニケーションや愛着関係が重要な時期に、厳しい訓練や練習を強制されることで、子どもに情緒障害が起きる可能性もある。
  • 熱心に早期教育を行ったものの、子どもが期待通りの結果を出さなかったことで親が落ち込む。
  • 受験で合格ができなかったときに、わが子や家庭を幼稚園や小学校側から否定されたと思って落ち込んでしまう。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。