早期教育とは

「早期教育」とは

早期教育と言ってもいろいろな解釈があるのですが、一般的に○○式や○○メソードといった文字や数などを教える記憶力・速読力など右脳に特化した知育系や、ピアノなどの芸術系の早期教育があります。
早期教育や超早期教育に関しては、賛否両論、さまざまな意見があります。
「超早期教育」とは、 脳に刺激を与えるような活動を通じて行う、胎児や乳児の教育を行なう教育です。

「早期教育」は、脳が柔軟なうちに子どもの知的好奇心を刺激し、高い吸収能力や順応能力を持つ幼い間に教育を開始することで脳の活性化を高めれば、「優秀な人間に育つ」という理念に基づいています。そのため、早期教育も脳科学や発達心理学と非常に深い関係があり研究がなされています。
早期教育によって将来の可能性を広げ、年齢や達成度という枠に囚われずに自由に教育を受けることができる、といった利点があります。また、学習面に限らずに、独創性や情緒性や社会性を高めるための教育も含まれます。
また早期教育は「エリート教育」や「ギフテッド教育」と重複する部分も多いのです。

「エリート教育 」とは、 一流といわれる大学や大学院入学を目指すための教育であるとともに、トップ・アスリートや一流の音楽家や芸術家になるための訓練など、学業以外の分野でも広く行われています。特定の大会で優勝する、特定の職業に就く、特定のライフスタイルを獲得するなど、目標達成のためにその道の専門家について集中的に教育・特訓・訓練を受けます。
その結果、一般人よりも早く進級したり修了したりすることはありますが、早期教育というよりは、目標を達成するという部分に重きが置かれています。早期英才教育とも言われています。

「ギフテッド(先天的に平均よりも顕著に高い能力を持つ人)教育」 とは、 ギフテッド(高知能児)と診断された子ども用に開発された特別支援教育の一種です。
常に知的好奇心が旺盛で、通常の学級では物足りなく次々と与えられた課題をこなしていくため、結果的に学年より先のレベルに到達することが多いのです。これはギフテッドが進んだ学習内容を必要としているために与えられるもので、幼児教育などの能力開花教育とは異なります。
またギフテッド教育は学習面だけではなく、ギフテッドゆえに持つ独特な心理的・社会的問題を解決するための支援教育という別の面も持っています。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。