幼児教育とは

「幼児教育」とは

幼児教育とは、家庭、保育園や幼稚園、幼児教室や各種習い事の教室などで、小学校就学前の幼児期に受ける教育全般を指していいます。

子どもは、様々な可能性を秘めて誕生します。その可能性を開花させるためには、幼児期こそが最も重要なタイミングであると言えます。

人間の脳がどのように発達していくのか、脳科学では近年さまざまな研究がなされており、脳の発育と年齢との関係が明らかになってきています。
子どもの幼児脳の発達は、幼児期の6歳くらいまでに成人の90パーセントにまで達するほど大変な勢いで育っていくのです。
残りの10パーセントは20歳くらいまでにゆっくりと成長し完成します。その後、脳の重さは次第に減少し、老年期には6歳よりも軽くなるのです。

幼児期のこの脳の発育(子どもの脳がどのように発達し、毎日の生活の中で何をどのように理解していくのか)と年齢(発達年齢)の関係を理解したうえで、「適切な時期」に・「適切な刺激」を・「適切な方法」で教育環境を与えてあげることが重要です。
そして、子どもの“ 心の成長 ”と子どもの“ 能力 ”が同時に育つ教育こそ、本当の意味での幼児教育といえるのです。

子どもは生活や遊びといった直接的・具体的な「体験」を通して、情緒的・知的な面が発達し成長をしていきます。幼児期における幼児教育がその後の人間としての生き方を大きく左右する重要なものであることを考えたとき、両親や子どもの回りを取り巻く大人たちの役割はとても大きいのです。
そのためには、幼児期に下記のような体験学習が子どもたちには必要不可欠なのです。

  • 様々な感情の体験や自分を表現し認められる体験
  • 一緒に楽しみや感動を共感し合う体験
  • 目的に向かって進み、その目的を成し遂げようとする体験
  • つまずきや葛藤・失敗をする体験
  • 自分を主張する体験
  • 物事に折り合いをつける体験
  • 愛されていると感じることのできる体験
  • 必要とされていると感じる体験

これらの体験が、子供たち一人ひとりに積み重ねられるような幼児教育が必要なのです。
子ども自身が、遊びを通して自ら学び取り、生きていくための力を身につけるために経験や体験を積み重ねていくことこそが重要です。
決して、知識や技術を一方的に与えることが幼児教育という意味ではありません。

幼児は、砂に水をまくが如く、まるで渇望していたかの様にどんどん吸収をしていきます。
ですから、なおさらのこと、子どもの発達年齢を理解した上での真の幼児教育が必要なのです。

子どもの発達年齢をしっかりと捉え、手先をたくさん使わせてあげ(手先を使うことで幼児脳は刺激されます)、身体全体を使って運動をさせ、考える力を育て、自然にたくさん触れさせ、たくさんの人たちと係わり、友達との間で社会性を育て、道徳心やルールを教え、良質の絵本に触れさせ、遊びを通して様々な経験をさせてあげ、そして子どもの心を育てていく・・・・・これらを「適切な時期」に・「適切な刺激」を・「適切な方法」で経験をさせてあげることこそが、真の幼児教育なのです。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。