幼児教育のメリット

「幼児教育のメリット」

幼児教育(早期教育なども一部含む)のメリット

  • 適切な時期に、適切な刺激を、適切な方法で、子どもに与えることができる
  • 得意なものを見つける力を育てる
  • 協調する力を育てる
  • 立ち直る心の強さと力を育てる
  • 巧緻性を育てる
  • 子どもの発達年齢を意識した刺激ができる
  • 興味・関心・やる気が育つ
  • 絶対音感や外国語のネイティブ並みの発音は、幼い時期にしか獲得できない(必要のない能力は淘汰される)という臨界期説があり、臨界期終了(3、8、12歳がよく挙げられる)までに教育を開始しなければ、伸びるはずだった可能性を失ってしまうと言われている。
  • 達成感・成功体験・失敗体験などを通して、目標をもち取り組む姿勢が育つ
  • 人格形成の基盤を作る
  • 早期教育に関して、早期に始めれば飲み込みが早く、優等な成績を収め、難関試験や検定試験にも合格することができ、子供の自信につながる。
  • これからの時代を生き残るために不可欠なスキル(例えば英語の第二公用語化に見られるような英語力)を身につける。
  • スポーツや音楽を極めるためには早くから始めておく方が有利である。(エリート教育)
  • 知的刺激を常に欲しているギフテッドの子供を退屈させないために、年齢よりも高いレベルの課題を与えられる。(ギフテッド教育)

親としてのメリット

  • 教育方針を両親で話し合うきっかけとなる
  • 様々な遊び方がわかる
  • 育児の相談ができる
  • 家庭での発達年齢に合わせた刺激の方法がわかる
  • 発達の目安がわかる
  • 子どもとの遊び方がわかる 
  • 適切に子どもの伸びる環境が与えられる
  • 育児が楽しくなる 
  • 子どもとの付き合い方がわかる 
  • 子育ての生きがい
  • 達成感が味わえる
  • 子どもを褒めることができる
  • 子どもの個性を伸ばすことができる
  • 親としての役割がわかる
  • 親としての係わり方がわかる

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。