幼児教育の環境による子どもの差

「幼児教育の環境」による子どもの差

現代の科学では、人の知性は“ 遺伝 ”と“ 環境 ”によって決まると言われています。
つまり、子どもの知性・能力などは親から受け継ぎ 遺伝 された要素のものと、誕生してからの子どもを取り巻く 環境 の影響を受けて育ちます。

日本語圏の中で育った子どもは日本語を普通に話し、英語圏の中で育った子どもは英語を普通に話します。そういう言語の環境が身近にあるからです。同じことが他の能力についても言えます。
例えば、親が音楽家であったとしても、その子どもが音楽に無縁に育った場合、音楽的な刺激が与えられないので、せっかく才能があったとしても開花することはまずありません。
一方、両親は音楽と無縁の環境で育ったとしても、子どものときから音楽に触れ、より良い環境を与えて育てれば、音楽的な才能が開花する確率は高くなります。
つまり、親が与える環境は、遺伝以上に子どもの成長に大きな影響を及ぼします。

0歳~3歳の時期は、子どもは負担をあまり感じることなくあらゆる全てのものを吸収する時期です。子どもは与えられたものは全て遊びとして受けとめます。
4歳~6歳になると、繰り返すことを楽しみ、繰り返しの中から快感や刺激、興味や関心、やる気が生じてきます。

人間の脳の発達過程を考えたとき、特に幼児教育環境は、親が考えている以上に重要であることがわかります。
「幼児教育」を意識する時に、私達は真の幼児教育とは「親への教育である」と考えます。
子どもの一番の環境は両親です。そして、両親が与える「幼児教育環境」こそがその子どもを伸ばしていく鍵となるのです。

両親が与える環境を考えたとき、「親としての幼児教育の必要性に対する意識」をどうやって高めるか、またどうやって広げるか、がとても重要な課題であると考えています。

幼児の時期に本当に必要なこと、そして、どうしてそれが必要なのかということを、脳の発達と子どもの発達年齢を踏まえた上で、子どもを持つ全ての親に正しく理解していただきたいのです。
正しい脳の発育と子供の発達年齢の関係を知ることから、幼児教育に関心を持っていいただきたいのです。
そして、子どもの「達成感」・「幸福感」・「主体性」・「自主性」・「集中力と注意力」・「発想力」・「独創性」・「将来の展望」・「夢」などを根源として、子どもをより良い環境の中で普通に育てていくことがとても重要なのです。

「意欲のある子ども」「積極的な子ども」「競争心(自己との)のある子ども」「創造性のある子ども」「計画性のある子ども…先を見通す力のある子ども」「物事を解決する力のある子ども」「よりよい人間関係を育むことができる子ども」…つまり「生き抜く力のある子ども」を育てていくための環境を与えてあげることこそが、親としての課題であり役割となるのです。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。