幼児教育の重要性

「幼児教育の重要性」

子どもは、これから人生80年~100年と人生という長い旅を歩みます。その長い期間において、幼児期とはわずか5~6%に過ぎない短い期間です。
人の一生を考えたときに、幼児期は生涯にわたる人間形成の基礎・能力や才能の芽が培われる極めて重要な時期です。

その短い期間に、子どもは自分の人生を左右する様々な経験を積み重ねていきます。『幼児期の子どもの1日は、大人“ 一ヶ月分の価値 ”がある』と言われるゆえんです。
生活や遊びなど様々な具体的な体験や経験を通して、情緒的な発達・運動能力の発達・言語の発達・知的な発達・社会性や生活力といった人間として、そして社会の一員としてよりよく生きていくための基礎を獲得する時期なのです。

また、幼児期は、知的な発達・心の発達・社会性(人間関係)の発達において「臨界期(りんかいき)」という一生の中でもっとも物事を最も効率よく吸収できる時期=能力を伸ばし才能を開花させるのが容易な時期=があります。そして、この臨界期は一生のうちで一回限りといわれています。
この時期、子どもは急速に成長する時期でもあるため(脳の発育と関連しています)、この時期にこそ経験しておかなければならないことを十分に行わせることが、その子どもの将来、一人の人間として充実した生活を送る上で不可欠なのです。

従って、子どもを取り巻く大人は、幼児期における教育が、その後の人間としての生き方を大きく左右する重要なものであることをより深く認識し、子どもの教育について常に関心を払うことが必要なのです。

また、幼児教育は、生涯にわたる学習の基礎を作り、能力を伸ばし才能が開花するための、“ 後伸びする力 = 伸びしろ ” を培うことを重要視しています。
幼児は、身体を使って遊び、学び、考え、経験することによって、豊かな感性を養うとともに生涯にわたり必要となる学習意欲や学習態度の基礎となる好奇心や探究心、やる気を習得していきます。
つまり、小学校以降の学習において、学習内容をより深く理解できることにつながるのです。そして、「学習習慣」と「学びの本質」を、このときに育んでいるのです。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。