幼児教材を選ぶ前に

幼児教材を選ぶ前に

幼児教材の基本は、子供が興味を持って楽しめて、確実に幼児教育のテーマ・課題が身に付くことです。
そのような教材との出会いのために、幼児教材を選ぶ前に確認しておきたいことがあります。
ここでは教材選びのための、簡単チェックポイントをご紹介します。

無料サンプル・資料を取り寄せましょう

各種教材には大抵本契約前の無料サンプルやお試し版などがありますから、始める前に一度それを取り寄せてみましょう。

無料サンプルやお試し版を実際に子どもとおこなってみましょう。
また、資料も熟読して下記の7項目をチェック!

  • 子どもが楽しんでいるか
  • 一緒に行うお母さんが無理なく使いこなせるか
  • フォロー体制がしっかりしているか
  • 目的に合っているか
  • 実施期間はどうか
  • 価格は適当か
  • 子どもが安全に使えるか
  • 素材にアレルギー物質は含まれていないか

子どもが興味を示すものは何か

たいていの教材には対象年齢が書かれています。
でも、子どもの想像力や遊ぶ力はその対象年齢の枠を超えて遊ぶ場合も多くがあります。
対象年齢にとらわれずに、我が子が興味を示すものに合わせていきましょう。
※対象年齢を超えて遊ぶと、危険が及ぶものには注意が必要です。

長く使えるもの

新しい教材が毎月送られてくる年間契約や長期契約の教材だと、新しい教材が次々に送られてくるため、飽きやすい子どもでも、新しい教材に興味が向き長続きする事が多いです。
でも、基本的に子どもは飽きやすいので、新しい教材が次々送られてくる場合は、使わなくなった教材が溜まって不要になることもあります。また逆に与える側のお母さんが飽きてしまうということもあります。
教材と長く付き合っていけるかどうかは、子どもの興味と親の方向性が大切になってきます。

幼児教材の基本は、確実に幼児教育のテーマ・課題が身に付くような教材であることですが、子供が興味を持たなければなんの意味がありません。
興味を持ったものであれば、何度も読んだり、観たり、聞いたり、使ったり、遊んだりします。
そのような教材を探し出すこと、そのような教材との出会いが幼児期には大切なのです。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。