幼児教材の重要性(必要性)

幼児教材の重要性(必要性)

あなたは市販の幼児教材を探してみたことがありますか?
実際に探そうとすると、その多さに驚きますよね。なぜこんなに多くの教材があるのでしょうか?
この幼児教材の数の多さは親の考えの多様化、子どもの興味の幅の広さによるものです。

まずは、幼児期の子どもの特徴を考えてみましょう。
幼児期の子どもたちは親が驚くほどいろいろなものに興味や関心を示します。
そんな子どもたちの様子を見ていると、身の回りにある、ありとあらゆるものから色々なことを学んでいることがわかります。子どもは大人がゴミだと思うものまでおもちゃにして遊んでしまうのです。
子どもたちの身近にある身の回りの様々なものが教材に値するものなのです。

ですが、家庭でその身の回りの身近なものを教材として使いこなすには、どうしても限界があります。
また、実際に役にたつもの・たたないもの、その選定も難しいですね。

ちょっと自分を振り返って考えてみてください。
あなたは、我が子にどんな「刺激」を効果的に与えていますか?
どんな「経験」を効果的にさせていますか?
なかなか胸を張って『○○をしています!』と、言えるお母さんやお父さんは多くはないと思います。

なぜなら、残念なことにお母さんたちがどんなに頑張っても、どんなに働きかけをしても、それは、お母さんたちが知りえる範囲内でしか行えないからです。

つまり、

  • お母さんたちの知りえる知育・能力開発教育
  • お母さんたちの知りえる情操教育
  • お母さんたちの知りえる音楽やスポーツ教育
  • お母さんたちの知りえる英語教育
  • お母さんたちの知りえる受験準備教育
  • お母さんたちの知りえる躾・常識教育

……などなど。実際のところ、我が子を導く親自身が、自分の枠・能力以上のことを我が子に教えることは容易ではありません。
すなわち、親の能力、価値観、経験、知識の中でしか、子どもに新しい物事を教えられないのです。

そして言うまでもなく、子どもに「教え、導く」ということには、教え方や指導方法が重要になります。
教え方や到達目標(ゴール)を考えずに始めると、だんだん、我が子に何を教えたかったのか? 軸から逸れてしまったり、目的が達せられずに終わってしまったり・・・そういうことが少なくありません。

また、子どもの個性や気質によっても教え方や指導方法は異なってきます。
同じ兄弟でもそれぞれの個性・気質によって興味関心も違いますし、同じ教材を与えていても同じようにできないことは多々あります。

教え方や指導方法には「コツ」があるのです。
実は、正しい知識を効率よく教え導くためには、教え方や指導方法のコツを知り得る、その分野の専門的な知識や技術が必要なのです。

でも、ほとんどの親はその専門的な知識を持っていませんよね?
そんなお母さんの味方になり役に立つ、そして、教え方や指導方法のコツを簡単に知ることができる……それが幼児教材なのです。

幼児教材は、幼児教育や様々な分野の専門家が作っています。
専門家たちの経験や研究をもとに、子ども達の成長や発達に効果的であるように開発されたものなのです。
開発には時間もお金も大変かかっています。
ですから、こんなに役に立つものを使わないなんて・・・とてももったいないことですね。

また、幼児教材の種類によっては、

  • 日常生活の中での体験や経験
  • 創造性や独創性、イマジネーションをかきたてる
  • 親子のふれあいやスキンシップ
  • 心身の発達を促す
  • コミュニティーや社会とのかかわり

……などを通して子どもの能力を引き出していくものもあり、とても興味をそそる豊かな内容となっています。

知的好奇心でいっぱいの子どもの脳も心も体も、ウキウキ・ドキドキ・ワクワクしながら「新しい刺激や体験」を待っているのです。
そんな子どもの知的好奇心を満たす幼児教材は、幼児期になくてはならない重要な知育ツールなのです。
そんな重要な知育ツールだからこそ、子どもたちの関心や興味、親の目的の数だけ教材は存在するのです。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。