幼児教室の上手な利用方法

幼児教室の上手な利用方法

最後に・・・。
幼児教室の講師だから言える「幼児教室の上手な利用方法」をこっそり教えましょう。

はっきり言って幼児教室も教育産業の一つ、つまりビジネスなのです!
もちろんビジネスを度外視して教育理念を貫いている「個人教室」も多くあります。しかし、質の高い教育を提供するには情報の収拾やスキルの向上、教材やプログラムの開発など研究開発費が必要不可欠となります。そのためにはある程度のビジネス利益がなければなりません。
また、規模が大きくなればなるほど営業的な部分も見え隠れすることは否めません。

せっかく月謝を払って通うわけですから、もっと幼児教室を利用するという考えをお母さんたちが持って、費用対効果の高いサービスを受けることが大切です。

  • 目的意識をしっかり持つ
  • 周りに流されない(お母さん同士の噂話は聞き流すことも必要です)
  • 育児や子育てで悩んだらどんどん相談する
  • 家庭でできる簡単な幼児教育法などを教えてもらって実践する
  • 講師やインストラクターからの助言・アドバイスは素直に受け止める
  • 授業で行った内容を、遊びや生活の中に取り入れる(授業だけで終わらせたらもったいないです)
  • 宿題などのプリントはコピーして何度も繰り返す
  • 自由閲覧ができる教室の資料どんどん活用する(おすすめ図書・幼児教育資料・幼児教材・幼稚園や小学校の資料など)
  • 教室のホームページ、Twitter(ツイッター)、facebook(フェイスブック)などにも子育てのお得な情報が満載!上手に活用する
  • 夏期講習などの特別講習は必要なものだけを的確に受講する(受験準備の教室ではいくつも進められることがあるので、必要なものだけ受講する)

幼児教室は幼児のための専門的な教室ですから、講師やインストラクターも幼児の教育や様々な技術(ピアノ・体操・英語…など)を習得した専門家です。
ですから我が子のことで悩んだり困ったりしたらどんどん相談しましょう。お母さんが悩んでいたら、子どもは敏感に感じ取り子どもも不安になります。
お母さんが元気なことが、子どもには最大の栄養なのです。

お母さんが元気になるためにも上手に教室を利用しましょう。
中には、我が子が授業を受けている間に、日ごろできないこと(カフェでお茶をする、ジムに行く、ウインドーショッピングを楽しむ…など)をして気分転換をしているお母さんもいらっしゃいます。
お母さんも週に1回1~2時間の自分だけの時間を持つことも必要です。
あなたなりの「幼児教室の利用方法」を考え、賢く上手に幼児教室を利用していきましょう。

そして・・・幼児教室は子どもを伸ばす教室ですが、子どもを伸ばすためにはお母さんやお父さんの協力が必要不可欠です。
つまりお母さんやお父さんの心の動きが、子どもの成長を止めることもありますし早めることもあるのです。
ですから、「幼児教室」は連れてくるお母さんやお父さんも「楽しめる」「ためになる」教室でなければなりません。

そんな幼児教室と出会えると良いですね!

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。