幼児教室の良い点と問題点

幼児教室の良い点と問題点

「幼児教育」をする様々な種類の幼児教室に対する、親の考え方、世の中の風潮は様々です。
幼児教育というだけで、特種な天才児教育をイメージしたり、英語や音楽を学ばせたり、いわゆる早期教育をイメージしてしまうお母さんやお父さんも多いでしょう。

早い段階で、英語や音楽などの教育を行う「早期教育」は、「幼児教育」の本来の姿とは、異なる点もたくさんあります。

本来、幼児教室は幼児教育の目的として、「遊び(経験)」を通し、幼児ひとり一人の個性を伸ばすことにあるのです。

幼児の早い時期に、英語や音楽などの幼児教育を行うことには、良い点と問題点があります。
まず、幼児教室の良い点は、お子さんの隠れた才能を引き出すことができるということです。
最近の学校教育現場には、学力低下、いじめ、不登校など様々な問題が生じています。
このような状況下では、子どもたちの隠れた才能を開発されることも難しくなってきます。
幼児の早い時期から、幼児教育を行い、英語や音楽などの素養を身につけさせておくことは、子どもの自信にもつながり、円滑な学校生活を送るのにも役立ちます。

幼児教室の問題点は、親が子どもに無理強いさせて、早い時期から英語や音楽などの幼児教育を行った場合に生じる悪影響です。
英語や音楽などの幼児教育のために、子どもが時間をとられてしまって、自由に友だちと遊んだりする時間がなくなってしまうことも、子どもにとっては、「心の発達」「身体の発達」に悪影響を与える心配があります。

基本的な生活習慣やしつけを身につけさせるといった家庭における幼児教育をおざなりにしたまま、英語、音楽、受験などの学習に重点を置いた幼児教育だけに心血を注ぐのは、やはり問題があるかもしれません。

ですから、「まいと」教室は「遊び(経験)」の中からの「学び」を 大切にしています。
受験対策コースでも同様です。

幼児教室は子どもの可能性や能力を伸ばし、将来の種まきをする場所です。
「適切な時期」に「適切な方法」で「適切な刺激」を与える場所なのです。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。