まいと幼児教育コラム 3才

3才 2月の過ごし方

2月です。

寒い日が続きますね。
乾燥すると、風邪やインフルエンザが流行りますので、生活習慣であるうがい・手洗いをしっかりおこなっていきましょう。

今月も講師と子ども達が、コミュニケーションをとりながら授業を展開していきます。
大切なのは、やってみたい気持ちをたくさん作っていくことです。
授業では、何事も結果ではなく、過程を大切にしています。

社会性では、友達と一緒に大きな紙に殴り書きをし、クレヨンをたくさん経験することで、描く事の楽しさや友達意識、言語の獲得、クレヨンの色などを自然に理解できる様に、進めております。
「ちょうだい、どうぞ、一緒にね、貸して、ありがとう」などの言葉が自然に出てくる状態です。
生活力では、お弁当を一緒に食べる事で、お弁当の出し入れ、お箸の使い方、お弁当の食べ方、手洗い、ハンカチの使い方などを学んでいます。また、お弁当を包んできてもらっている事で、こま結びの練習もしております。
殆どのお子さんが、友達に刺激されお箸を使ってお弁当を食べられますし、お絞りや水筒からコップへのお茶の注ぎ方が上手になっています。
親離れもでき、4月からの幼稚園生活を楽しみにしている状態です。

制作では、一人でテープを切って目的の場所に貼って、紙と紙をつける事ができます。テープや糊が大好きです。
プリントでは、点図形のスタートです。男の子は点の繋がりを電車の線路に見立てて繋いでいます。コントロールも良く、位置も自然に理解出来ています。
運動やリズムでは、動物に変身しての模倣体操やギャロップ、ケンケン、クマ歩き、縄跳びを一方方向から高く跳んだり、くぐったりして遊んでいます。
知的な刺激では、自然に身につくように買い物ごっこやプリントなどを使い行っています。

また、月末には、おひな様を作り、桃の節句という行事に触れます。
日本古来のこれら行事は、ご家庭でも楽しむ行事の1つだと思います。
制作を通して、子ども達は、道具の使い方が上手になります。指先もたくさん使います。
是非、折り紙や画用紙を使い、鬼のお面やおひな様制作をしてみましょう。
鬼のお面は、「まいと」のホームページのクラフトコーナーにもありますので、ご活用下さい。

3歳の3月は、4歳へのステップとして、課題も少しずつ増えていきますが、「次は何をするの?」という気持ちをたくさん育てていきます。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。