まいと幼児教育コラム 3才

3才 9月の過ごし方

9月です。

夏休みは、有意義に過ごせましたか?
夏休みは、子ども達は心も体もひとまわり成長する時期です。良い経験がたくさん出来たのではないでしょうか。
9月は、そろそろ幼稚園準備として、幼稚園の説明会も始まる時期です。
通園範囲の幼稚園へ、是非、たくさん足を運んで幼稚園の下調べをしておきましょう。(Q&Aでの「幼稚園の選び方」を参考にしてください。)

9月は、園生活では運動会の練習がそろそろ始まる季節でもあります。
園によっては、春に運動会を行うところもあるのですが、大体は9月の末から10月の体育の日周辺で行われます。未就園児の徒競走などがあり、参加することも可能です。一年後の我が子の姿をシュミレーション出来る良い機会ですね。

教室では、子ども達と夏休みの楽しかったことをみんなの前で発表したり、絵を描いたりします。
また、「秋」を感じられるように、秋の物を探し、秋という季節に触れていきます。ご家庭でも、秋の草花や虫を探したり・・・季節を感じさせてあげましょう。

生活力では、スナップ止めや、ボタンホールにボタンを入れたり出したりと、指先をたくさん使用していきます。
2年保育の幼稚園受験などでは、傘の開閉やリボン結び、洋服のたたみ方などを見る幼稚園もあります。
小学校受験では、雑巾を絞ったりエプロンのリボン結びなどを課題として考査する小学校もあります。
自分のことは自分で出来るようになることが大切な力というわけです。
子どもにも、一人で出来ることを少しずつ増やしてあげ、自立心を養っていきましょう。

授業では、9月はハサミを使って紙を切ることをたくさん経験させていきます。
切ったものを使って制作をしていきます。この時期の子ども達は、はさみをまだ上手に使いこなすことは出来ませんが、切るという作業はとても好きです。はさみの扱い方を正しく教えてあげる良い機会でもありますから、是非、経験をたくさんさせてあげましょう。
「まいと」のホームページにも制作ができるものがありますので、ご利用下さい。

遊びの中では、「積木」をたくさん使っていくことをお勧めします。
特に、女の子は比較的現実の生活に密着したおままごとやお人形遊びを良くするようになっていきますから、言語能力や社会性はとても育ちやすい反面、積木やブロックを使った遊びで培われていく奥行きや隠れた積み木やブロックの存在・空間認識があまり刺激されなくなっていきます。
実はこの力は、いずれ算数の力とも密接な繋がりがあります。
教室でも、女の子のお母様方には意識して使わせてあげることを勧めています。
是非、意識をして、遊びの中に取り入れていきましょう。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。