幼児脳の発達(4才児)に必要な「才能開花 7大栄養素」とは|発達をサポートする幼児教育・幼児教材なら:まいとプロジェクトの≪お母さん講座≫

幼児脳の発達(4才児)に必要な「才能開花 7大栄養素」とは

才能開花「7大栄養素」とは

子どもの成長に欠かせないのは「食べ物」だけではありません。
幼児脳にも、おいしい栄養を! それが幼児教育です。

子どもの心(こころ)や能力など、幼児脳の「発達」に大きく影響をおよぼすのが、幼児期に必要な『才能開花7大栄養素』です。

子どもの「こころ」や「情操」、「能力」や「才能」などの " もと " となるものです。

こころの成長|生活習慣|運動能力やリズム|言葉(言語力)|EQやIQ|知的能力|才能 ……などを豊かに発達させます。

将来、お子様の財産となる能力の礎(いしずえ)となるものです。
幼児期の年齢・月齢の発達に応じて、しっかり身に付けさせてあげましょう!

才能開花 7大栄養素

ただ、あせってあれこれと何かを与えたり、無理やり何かをさせたりしても、あまり意味がありません。
幼児期の子どもには「伸び時」「伸ばし時」と言うものがあります。
「臨界期(りんかいき)」という、さまざまな能力が発達する時期・才能が開花する時期です。

だから、臨界期のある「幼児期」という一度しかない限られた短い期間に、適切な刺激を、適切な方法で与えてあげることが重要となってくるのです。

  「今できなくても、将来できる」と、いうものはあります。

  しかし、

  「今できなければ将来できても遅い」と、いうものがたくさんあります。

だから、才能開花7大栄養素にもとづく刺激を「与える時期」・「与えなければならない時期」を意識した、
年齢・月齢の発達に応じた家庭の幼児教育が大切となるわけです。

4歳は、ともすると「4歳の落とし穴」に陥りやすい時機ですが、それを知って進める4歳の幼児期か、
それを知らずに進める4歳の幼児期か、分かれ道の4歳です。

  ・適切な時期に……「いつ(年齢月齢)」すれば良いのか。。。。。?

  ・適切な刺激を……「何」をすれば良いのか。。。。。?

  ・適切な方法で……「どのように」すれば良いのか。。。。。?

たくさんの情報があふれる中で、お子様の年齢・月齢の発達に合わせて、これらを適切に選ぶのは大変なことですが、
ご家庭でもお母さんが、この『才能開花7大栄養素』をお子様に適切に与えてあげることができます。

家庭の幼児教育レシピ&幼児教材《 お母さん講座 》では、
お子様の年齢・月齢の発達に応じて、「適切」な家庭の幼児教育を実践することができます。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。