「考える力」を養うためには?

「考える力」を養うためには?

「考える力」を養うための具体的な方法を教えて下さい。

回答

教室に来ている子ども達を観察していると、例えば制作などをしているときに良く見られるケースですが、解らなくなると直ぐに「どうやるの?」と聞いてくる子ども、解らないながらも自分でトライ出来る子どもに分かれます。
4歳くらいで、はっきりと両者の素養が表れてきているということは、4歳以前の教育の仕方が大切であると言うことです。
また、直ぐに解決方法を聞いてくる子は、その子を取り巻く家庭環境を考えてみると、大人に囲まれて成長してきているので、困ったことがあると周りの大人が解決してくれていた為に、指示を待つ子どもとなってしまう場合が多いのも確かです。
考える力を身につけるためには、我が子に「指示する」事ではなく、方法を一緒に考えることが大切になってきます。何か困った事が発生したときに、解決方法を直ぐに教え導くことではなく、どうしたら解決できるかの具体的な考え方をいくつか一緒に考え、子どもに自分で選択させてあげることが必要になります。
子どもは、選択していきながら、「自分で決めた事」という事実を少しずつ自覚していき、決めた事へ対しての責任を持つことが出来るようになります。

例えば、食事の際にご飯をテーブルの下にこぼしたとします。それを見ていたお母さんは、『直ぐに拾いなさい。』と言ったり、『こぼしちゃ駄目よ!』と言って拾ってあげるのでは無く、「こぼしたご飯をどうしたら良いか」の方法を、考える機会を作ることが大切なのです。

  • 1.そのままにしておいた方がよいのか
  • 2.後から、自分で拾うか
  • 3.今、自分で拾った方が良いと思うか

を考え、我が子に選択をさせることなのです。 勿論、そのままにしておけば、踏んでしまうかも知れないし、洋服につくかも知れないということを知らせながら、決断をさせてあげることなのです。そして、我が子が自分で決断した方法を大切にし、実行できたときに誉めてあげることです。 些細なことですが、生活の中ではこの様な決断をする機会がとても多いはずです。 些細なきっかけを大切にしながら、「考える力」を育てていってあげましょう。

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。