【幼児教育:ようじきょういく】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

幼児教育(ようじきょういく)

幼児教育とは、適切な「時期」に、適切な「方法」で、適切な「刺激」を与えてあげる事です。

幼児期は、その子の長い人生のうちの6年間=わずか数パーセントにすぎませんが、その子の人生に甚大に影響する才能・能力、資質や人格などが形成される重要な期間です。
ですので、この時期に幼児脳を豊かに発達できるように、適切な幼児教育をすることが大切なわけです。

そのためには、幼児教室に通う、幼児教材を利用する、お母さんが勉強して頑張る……など、自分に合った方法で実践しなくてはなりませんが、何よりも親御さんの「愛情」がとても大切なものとなります。

適切な幼児環境(幼児教育)は、子どもの脳に優れた知性(能力・才能)を作り出し、それを発揮できるような脳内ネットワークもたくさん作っていきます。

どんなに優れた才能を持った子でも、その才能を咲かす土壌(脳内ネットワーク)が無ければ開花出来ません。
しかし、子どもは自分で環境を選ぶことは出来ません。それを与えるのは、その子の家庭にほかなりません。
子どもは、決して一人では成長も出来なければ、才能を伸ばし開花させることも出来ないのです。
まさに幼児教育とは、その子の可能性を広げていく土台作りとなります。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。