【デフレスパイラル[幼児脳の]:でふれすぱいらる】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

デフレスパイラル[幼児脳の](でふれすぱいらる)

幼児脳デフレスパイラルとは、次のような現象。

* やる気の下落(詰め込みや強制、ダメ駄目、愛情の欠如)
    ↓
* ドーパミン(やる気ホルモン)分泌の減少
     ↓
* 達成機会の獲得の滅少(やる気がないので達成できない。集中できないのでうまくいかない。)
    ↓
* 脳が興奮しないので脳の活性低下=前頭連合野(脳の司令塔)の発達につながらない。
     ↓
* その様な脳ではますます上手くいかない。(挫折、失敗、中途半端。)
     ↓
* さらなる「やる気」の下落

デフレスパイラルとは経済用語で、物価の下落と実体経済の縮小とが相互に作用し、らせん階段を降りるように景気がどんどん悪くなること。(1990年代後半の日本の様子。)
デフレ(Deflation)とは、お金の価値が上がり相対的にモノの値段が下がることであり、スパイラル(Spiral)とはラセンを意味し、この2語からなる造語。

モノ(商品やサービス)の値段が下がっても、人は必要以上にモノを買わないので、モノが同じ数だけ売れても、販売価格が低いので企業の売上げは落ち、利益が減り、業績悪化となる。
企業業績が悪化すると、日本経済全体も元気がなくなり活動が低迷し、経済が縮小していく。
経済が縮小すると、雇用調整が始まり、リストラや給与が削減されるので、モノを購入しない・購買意欲が減退する。
購買意欲がなくなるとモノが売れないので、さらに販売価格の下落につながり、企業業績がますます悪化するという悪循環を生むことになる。
この様な状況をデフレスパイラルと言います。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。