【知性:ちせい】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

知性(ちせい)

知性とは、幼児教育や子育てでとても大切なもの、それは「心の本体」。
IQやEQ、知能や運動神経、性格等も知性の一部。

一般的には、「頭脳の知的な働き」(岩波広辞苑)とあるように、頭の良さをイメージする単語だが、心理学や脳科学では、「知覚をもととしてそれを認識にまで作りあげる精神的機能」(岩波広辞苑)としての「認知機能」を指す。
俗に言う知能やIQ、感情やEQ、運動神経(脳からの指令によって、うまく身体をコントロールできる)、言語、音感、芸術的センス、性格や理性なども、知性の1つにすぎない。

(※各種知性については、多重知性理論を参照してください。)

頭の良い子どもとは、すなわち“知性のある子”です。
知性には、いろいろな「知性」がありますが、それらの知性を統括して使いこなしていくことが大切です。
具体的には、自分で考えて行動に移し、自分の行いに責任を持ち、自己解決が出来る子どもです。

幼児教育教材《お母さん講座》の才能開花7大栄養素も、この各種「知性」のエッセンスからなっています。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。