【男脳:だんのう】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

男脳(だんのう)

男脳には男脳ならではの優れた点があり、女脳には女脳の優れた点がある。
男脳は空間認識能力、女脳はコミュニケーション(言語)能力が特に顕著であるという。

男脳・女脳にはそれぞれ、優れている点がたくさんある。
例えば、男性は狩猟し女性は子どもを生み家庭を守ってきたという進化の歴史がある。そのためそれぞれの役割にあわせて肉体も脳も発達してきた。
男性は狩猟本能にたけ、獲物を得るために進化してきたので、視野が狭くもっぱら前方に集中するのが得意だが、女性は子育てや家庭を守る能力として、視野が広く身の回りの情報を得るのが得意である。

それは脳の活動スタイルの違いにも現れている。
休息中の男性の脳は、7割が活動を停止していたのに対し、女性は9割が活動状態であった。つまり女性は、周囲の環境から絶えず情報を取り込み分析をしている。だから、自分の子どもが何を考え、何が好きで何を求めているか等、子育てに必要な能力は自然と男性より高いといえる。

[幼児教育の現場から]

女の子の左脳は、男の子より成長が早い。だから後から生まれた妹も、お兄さんより早く上手に話せるようになります。

男の子の脳はアンドロゲンの働きにより右脳発達と引き替えに左脳発達を遅らせ、その結果空間認識能力や知覚能力を高める事が出来ます。
一方、女の子は左脳と右脳がバランス良く発達します。しかも脳梁(左脳と右脳を結ぶバイパス)が太く、女性ホルモンのエストロゲンはニューロンに働きかけ、左脳と右脳の接続を良くします。つまり、左右の連絡が良いほど話しぶりがなめらかになり、同時にいくつもの作業をこなす事ができようになります。

だから女の子の方が、早く文字や言葉を覚え、おしゃまで理詰めでくるので、同年代の男の子は勝てないわけです。
小学校中学年位までは、女の子の方が2歳くらい精神年齢が高いと言われています。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。