【スキャモンの成長曲線:すきゃもんのせいちょうきょくせん】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

スキャモンの成長曲線(すきゃもんのせいちょうきょくせん)

スキャモンの成長曲線とは、人の発達具合を “神経型(脳や神経)” や “一般型(骨格や筋肉)” で表したもの。
成人20歳の人間の各器官を100として、人の発達を神経型(脳や脊髄)・リンパ型(リンパ腺)・生殖型(生殖器)・一般型(骨格や筋肉、呼吸器や消化器)の4つに分類した成長発達比率。

子育て幼児教育では神経型が重要で、サッカーなどのスポーツ系では一般型が重要です。
神経型は他の器官に先立って成長するが、とくに幼児期に急速に発達し、6〜7歳(小学校入学頃)には大人の約90%にも達する。

少年スポーツなどでも、こうした急成長期が含まれる小学校低学年は、いわゆる運動神経(動きの機敏性、平衡感覚、調整力等)を刺激するのに適した時期であり、「一般型」も約50%となり身体的にもある程度の運動練習に耐えられるようになるので、この時期をうまく利用した効果的なプログラムが注目されている。
日本サッカー協会では、このスキャモンの成長曲線をとり入れた少年サッカーの指導をしている。

一流と言われるサッカー選手は、この「限られた期間」に、「適切な指導」できっちりとスキルを身に付けることができた人なわけです。
同様に、子どもには幼児期の限られた期間に「適切な刺激」を「適切な方法」で指導する、また、お母さん(ご両親)にも「適切に指導」できるかどうかが優れた幼児教室の条件と言えます。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。