【社会的知性:しゃかいてきちせい】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

社会的知性(しゃかいてきちせい)

幼児教育や子育てでとても大切なテーマとなるもの。
「社会的知性(対人関係知性)」とは、人間関係に代表される社会関係の知覚・理解・記憶、それらに基づいて適切に社会的行動を行う・などをつかさどります。

(※多重知性理論 も参照)

年齢月齢に応じて幼児期の適切な時期に、時期を外さずに沢山の刺激を与えて、各知性をまんべんなく育ててあげましょう。
幼児教育での「社会的知性(対人関係知性)」で大切なのは、集団の中での行動、コミュニケーションを取るための言語の獲得、思いやり、物の貸し借り、集団の中での話しを聞く・話す力、協力と役割分担、ルールの理解など。

幼児教育教材《お母さん講座》の才能開花7大栄養素の「脂質」は、2歳児・3歳児・4歳児・5歳児の年齢月齢の発達に応じて必要な、この社会的知性(才能・能力)を伸ばす栄養素です。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。