【脳内ホルモン:のうないほるもん】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

脳内ホルモン(のうないほるもん)

脳の中には、百数十種類もの脳内伝達物質があり、これらは俗に「脳内ホルモン」とも呼ばれる。

幼児教育や子育てにとって重要な脳内ホルモンに、ドーパミン・セロトニン・メラトニン・成長ホルモンなどがある。
これらは幼児期に大きな影響を与えるので、幼児脳にとって重要な睡眠はとても大切。

(※各ホルモンの詳細については、個別に参照してください。)

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。