【感情的知性:かんじょうてきちせい】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

感情的知性(かんじょうてきちせい)

幼児教育や子育てでとても大切なテーマとなるもの。
感情的知性(心内知性)とは、他者の感情(表現を含む)や自分の感情を理解&記憶する力・自分の感情を適切にコントロールする力・などをつかさどります。

(※多重知性理論 も参照)

年齢月齢に応じて幼児期の適切な時期に、時期を外さずに沢山の刺激を与えて、各知性をまんべんなく育ててあげましょう。
幼児教育での「感情的知性(心内知性)」で大切なのは、喜怒哀楽・快な気持ちを持つ・相手の気持ちを考える・自分の気持ちを言語表現する力・我慢する力・愛されている&守られているという意識を持つなど。

幼児教育教材《お母さん講座》の才能開花7大栄養素の「水」は、2歳児・3歳児・4歳児・5歳児の年齢月齢の発達に応じて必要な、この感情的知性(才能・能力)を伸ばす栄養素です。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。