【微細脳障害:びさいのうしょうがい】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

微細脳障害(びさいのうしょうがい)

微細脳障害(MBD)/早幼児期脳障害はともに、知的障害となるほどではない子どもの脳の障害。

有害物質や栄養不良、感染症、遺伝子的要因、等々、様々なものが原因にあげられるが、脳に微細な異常をきたし、注意力や集中力に欠け、落ち着きが無く、感情が不安定で、外部からの刺激に過剰反応し、コミュニケーション能力がうまくいかない、等々、様々な症候を現す。

アメリカなどでは微細脳障害(MBD)、ドイツなどでは早幼児期脳障害として知られる。(早幼児期とは、妊娠6ヶ月〜生後1年くらい)

[脳障害と幼児虐待]

子どもにトイレトレーニングを完成させようとして、あせって暴力をふるうようになり、それが次第にエスカレートして折檻死(せっかんし)させてしまった事件がありました。

「その子を司法解剖してみると水頭症という脳の奇形だった。つまり、その子どもは母親の教育に応えるだけの能力に恵まれていなかった。」
「脳の発達が著しく悪いために知能が低くて親の要求に添えなかったり、脳の発達に微細な異常があるために、前ADHD状態とでも言うような状態で親を手こずらせたりした結果、親がその子どもの異常に刺激されて暴力をエスカレートさせると言うことは、けっして例外的なことではない。」
と、精神鑑定医で犯罪心理学者の福島章医学博士は述べています。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。