【比較力:ひかくりょく】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

比較力(ひかくりょく)

モノを比べて判断する能力。

物を比較する時には、大まかに分けると2つの方法があります。
1つは目で見て直感的に判断する方法(右脳の働き)、もう1つは定規や測り等を使い論理的に判断する方法(左脳の働き)です。

モノの比較には、大きさ・広さ・長さ・高さ・太さ・重さ・速さ・多少……などの観点から適切に判断する能力が求められます。

幼児の年齢にあった興味付けや刺激をしていきながら、モノをみる目や判断の基準となる目の付け所を養っていくことが大切です。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。