【ピアジェ:ぴあじぇ】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

ピアジェ(ぴあじぇ)

ジャン・ピアジェ (Jean Piaget/1896年〜1980年)
スイスの心理学者(児童心理学者、発達心理学者)、教育学者。

子どもの知能や発達など乳幼児期からの、言語、判断、推理、世界観、道徳感などの発生過程を解明。
子どもの知能研究のパイオニア。

[ピアジェ理論 と まいとプロジェクト]

子どもは生後より、言語、判断力、推理力、道徳感、社会性、数、量、空間、時間、速さの概念など人として身に付けるべき能力を発生段階的に習得していくが、適切な時期に適切な刺激(教育)を与えてあげることでその能力はより高いものになる。
幼児期における幼児教育環境が、子どもの才能・能力や人格形成に多大な影響を与えると言われるゆえんです。

その年齢月齢に応じて必要な様々な刺激を、簡単に与えることが出来るのが、2歳児・3歳児・4歳児・5歳児の年齢月齢の発達に応じた幼児教育教材「《お母さん講座》 才能開花レシピ集」です。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。