【親離れ:おやばなれ】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

親離れ(おやばなれ)

子どもが親から離れ自立すること。

幼児期の親離れは自立への第一歩です。
心の成長や言語・運動能力・知的能力の発達に伴い、親から離れて活動することができるようになります。

親離れには個人差も大きくあり、2歳頃から5歳頃までに幼児期の親離れができるようになります。
親離れをスムーズにするために、親子関係の中で充分に愛情を受けて育つことで安心感・信頼関係ができることが重要とともに、子ども自身の心の成長が大きくかかわります。

親離れと反対の意味で「子離れ」があります。
また、親離れ・子離れができないと「共依存(きょういぞん)」という関係にも繋がります。

(※依存心 も参照)

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。