【運動能力:うんどうのうりょく】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

運動能力(うんどうのうりょく)

幼児期は、背筋力・股関節の筋力・平衡感覚・歩行・リズムなど、身体の運動に伴う感覚を育てることが重要です。

子どもは生後から、月例に応じて身体の発達をしていきます。
子どもの成長と発達段階をふまえ、様々な刺激を与えていきましょう。運動能力は、適切な刺激により適切な発達を遂げていきます。

(※身体運動的知性 も参照)

歩く・走る・跳ぶ・スキップなどの基本的な身体能力をつけていくこと、またボール・鉄棒・平均台・縄跳びなどの運動器具を使って運動能力をつけていく方法など、年齢や発達によって目標設定が変わります。

年齢に応じて、様々な刺激を与えていくことが大切です。運動能力は知的能力と並行して成長をしていきます。

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。