【愛情:あいじょう】とは…幼児教室の子育て&幼児教育辞典

愛情(あいじょう)

わが子への愛情とは、絶対的なものであり、優しく、厳しいもの。

幼児期の子どもは、一人では生きていけない弱い存在であり、親の比護・愛情をもって守り育てられてゆく。
しかし、わが子を溺愛的・愛玩的に愛するのではなく、わが子の人生のために、社会的にも精神的にも自立できるように、愛情と教育をもって温かく見守り育てることが大切。
そうすることで家族愛・親子愛がより深まり、しっかりとした「絆(きずな)」が出来上がる。

その為にも、子育て幼児教育は重要な意義を持つ。

[まいとポリシー]

     「愛情」が無ければ、子どもは生きていけない
                 そして
     「教育」が無ければ、生き残ることは出来ない

                            by まいとプロジェクト


愛情と教育は子どもの栄養素 〜半歩先行くあなたの子育て幼児教育〜

                            by まいとプロジェクト

用語の一覧に戻る

ページトップ

2歳・3歳・4歳・5歳児の発達段階に応じた家庭の幼児教育教材 ≪お母さん講座≫ お母さんが先生 ! 自宅が幼児教室に ! 「わが子の能力や才能」がぐんぐん伸びる年齢月齢別の発達に応じた幼児教育教材 お母さんが自宅でらくらくカンタンにできる効果的な幼児教育

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ。2歳〜5歳用の教材をダウンロード版・CD版・フルセット版の3種類でご用意しています。